top of page
history.jpg

Shakti Cordsについて

2003年に設立された当社、有限会社Shakti Cordsは、ゴム産業用の繊維補強材を製造しています

パワートランスミッションベルトや工業用ホース用にポリエステル、アラミド、PVA、ナイロン、レーヨンを素材にディップコードと毛糸を製造しています。

高弾性低収縮ディップコードと高強度編み糸を使用することにより、強度が付与され、動作ダイナミクス及び、パワートランスミッションベルトと工業用ホースの寸法安定性が向上します。

私たちのユニットの総容量は、ディップコードの場合は年間1740トン、浸漬編み糸の場合は年間300トンです。有限会社Shakti Cordsは、浸漬単糸とコードのインド市場での最大シェアを占めています。撚り、巻き戻し、多段階浸漬など、製品の製造に関連するすべての工程は社内で行われます。これにより、製造のあらゆる面で厳格な品質管理を実施し、一貫してお客様の納期を守ることができます。

 

10年以上にわたる一貫した品質、競合価格設定、および納期厳守により、同社は複数の多国籍クライアントの忠誠と信頼を得てきました。私たちは、競合価格設定において製品の仕様を維持するため、購入を見込まれるお客様に対して新しい品質を開発する積極的なアプローチをとっています。

歴史

ディップコードや編み糸の製造に従事する以前、1987年に私たちグループの活動は、国内のアパレル市場向けの生地を製造するための織機を設置したことから始まりました。

1991年には、ゴム製品の補強用の工業用の布製造に事業を拡大しました。この拡大はその後、1997年にポリエステルおよび綿紡績ユニットを追加を含む川上統合によってさらに促進されました。

私たちは成長を続け、グループ会社である有限会社GD Textiles Pvtの下、この分野における更なる事業拡大への新しい機会を模索しています。

 

2003年、グループは有限会社Madura Industrial Textilesより、パワートランスミッションベルトおよび産業用ホースのためのシングルエンドディップコードの事業を引き継ぐ形で有限会社Shakti Cordsを設立しました。

当社は現在、ゴム補強布及び浸漬布糸とディップコードのインド市場での最大のシェアを占めています。

また多国籍企業にとって信頼できる情報源としての地位を確立し、2013年初頭から国際的な顧客のポートフォリオを拡大し続けています。

 

これは、製品の品質と一貫したイノベーションに対する強く揺るぎない取り組みによって達成されました。

History

􀀁􀀂􀀃􀀄􀀅􀀆􀀇􀀈􀀉􀀅􀀊􀀋􀀂􀀃􀀌􀀄􀀍􀀎􀀅􀀏􀀈􀀃􀀐􀀑 􀀁􀀂􀀃􀀄􀀅􀀆􀀇􀀈􀀉􀀁􀀂􀀃􀀄􀀅􀀃􀀆􀀅􀀇􀀁􀀄􀀅􀀃􀀂􀀈􀀅􀀉􀀅􀀈􀀊􀀃􀀋􀀉􀀌􀀃􀀍􀀅􀀎􀀌􀀏􀀈􀀐􀀃􀀑􀀒􀀁􀀓􀀁􀀔􀀈􀀐􀀃􀀕􀀔􀀌􀀎􀀅􀀏􀀔􀀖􀀐􀀃􀀗􀀄􀀘􀀄􀀒􀀁􀀓􀀁􀀔􀀈􀀃􀀄􀀅􀀇􀀃􀀙􀀉􀀚􀀎􀀌􀀛􀀃􀀑􀀂􀀃 􀀘􀀎􀀌􀀃􀀆􀀅􀀇􀀁􀀄􀀅􀀃􀀊􀀈􀀔􀀖􀀉􀀓􀀉􀀏􀀈􀀐􀀃􀀃􀀕􀀖􀀄􀀜􀀔􀀁􀀃􀀌􀀎􀀘􀀌􀀎􀀂􀀎􀀅􀀔􀀂􀀃􀀔􀀖􀀎􀀃􀀇􀀈􀀅􀀄􀀊􀀁􀀝􀀃􀀋􀀉􀀌􀀝􀀎􀀂􀀃􀀔􀀖􀀄􀀔􀀃􀀄􀀌􀀎􀀃􀀔􀀖􀀉􀀞􀀏􀀖􀀔􀀃􀀔􀀉􀀃􀀊􀀉􀀟􀀎􀀃 􀀔􀀖􀀌􀀉􀀞􀀏􀀖􀀃􀀔􀀖􀀎􀀃􀀠􀀅􀀁􀀟􀀎􀀌􀀂􀀎􀀛􀀃􀀁􀀂􀀃􀀄􀀅􀀆􀀇􀀈􀀉􀀅􀀊􀀋􀀂􀀃􀀌􀀄􀀍􀀎􀀅􀀏􀀈􀀃􀀐􀀑 􀀁􀀂􀀃􀀄􀀅􀀆􀀇􀀈􀀉􀀁􀀂􀀃􀀄􀀅􀀃􀀆􀀅􀀇􀀁􀀄􀀅􀀃􀀂􀀈􀀅􀀉􀀅􀀈􀀊􀀃􀀋􀀉􀀌􀀃􀀍􀀅􀀎􀀌􀀏􀀈􀀐􀀃􀀑􀀒􀀁􀀓􀀁􀀔􀀈􀀐􀀃􀀕􀀔􀀌􀀎􀀅􀀏􀀔􀀖􀀐􀀃􀀗􀀄􀀘􀀄􀀒􀀁􀀓􀀁􀀔􀀈􀀃􀀄􀀅􀀇􀀃􀀙􀀉􀀚􀀎􀀌􀀛􀀃􀀑􀀂􀀃 􀀘􀀎􀀌􀀃􀀆􀀅􀀇􀀁􀀄􀀅􀀃􀀊􀀈􀀔􀀖􀀉􀀓􀀉􀀏􀀈􀀐􀀃􀀃􀀕􀀖􀀄􀀜􀀔􀀁􀀃􀀌􀀎􀀘􀀌􀀎􀀂􀀎􀀅􀀔􀀂􀀃􀀔􀀖􀀎􀀃􀀇􀀈􀀅􀀄􀀊􀀁􀀝􀀃􀀋􀀉􀀌􀀝􀀎􀀂􀀃􀀔􀀖􀀄􀀔􀀃􀀄􀀌􀀎􀀃􀀔􀀖􀀉􀀞􀀏􀀖􀀔􀀃􀀔􀀉􀀃􀀊􀀉􀀟􀀎􀀃 􀀔􀀖􀀌􀀉􀀞􀀏􀀖􀀃􀀔􀀖􀀎􀀃􀀠􀀅􀀁􀀟􀀎􀀌􀀂􀀎􀀛􀀃What does 'Shakti' mean?

SHAKTI is an Indian synonym for Energy, Ability, Strength, Capability and Power. As per Indian mythology, Shakti represents the dynamic forces that are thought to move through the unvierse.

Vision and Value

ビジョン

既存の製品の市場を拡大し、関連製品を当社の製品範囲に導入することにより、世界を牽引する組織を構築します。

 

これは、一貫した技術の注入、人材の能力強化、およびお客様のご要望を満たし、それを超える顧客中心の製品開発を通じて達成されます。

企業価値

組織のあらゆるレベルにおける企業文化の育成。当社の製品、プロセス、および市場の改善と開発を継続的に追求する企業。

品質と一貫性への強い取り組み。ベストプラクティスの標準化と、従業員の継続的なトレーニングと教育。

お客様との強固な関係性。ご要望に応じた新製品の積極的なカスタマイズおよび開発。

環境への配慮。二酸化炭素排出量を大幅に削減する対策、及びさまざまな福祉制度の全従業員への提供。

bottom of page